各種ガイドライン及び規則

抄録原稿および投稿論文等の倫理的配慮に関するガイドライン

  1. 人を対象とする抄録原稿及び投稿論文は、本学会倫理綱領等に準拠し、発表について対象者(本人および必要な場合は保護者を含む関係者等、以下同様)に説明し同意を得たものでなければなりません。
  2. 抄録原稿(学会発表を含む)及び投稿論文は、個人が同定されないようプライバシーの保護には充分に留意してください。
  3. プライバシーの保護のために、事例の情報の抽象化、記号化はしてもよいですが、事実と異なる記載をしてはいけません。
  4. プライバシー保護のため以下のような配慮を行なってください。
    (1)事例理解のため必須情報(例えば、地名、職業、職場名、学校名など)を表記する場合には、固有名詞は使用せず一般名称にとどめる。
    (2)固有名詞を記号化する場合には、実際のイニシャルは使用せず、ABC順等にする。
    (3)面接経過等の年月は、開始時を「X年3月」、その後の経過は「X+4年5月」あるいは「6年7か月後」などと記載する。

附則
本ガイドラインは、平成18年8月27日より施行する。
本ガイドラインは、一部改訂し、令和元年8月24日より施行する。
本ガイドラインは、一部改訂し、令和2年8月22日より施行する。


top▲