委員会

★2020年4月1日より、新委員会が発足しました。

■事務局
担当常任理事|法澤 直子(長崎純心大学地域連携センター/長崎県SC)

 第9期から事務局長となりました。事務局の役割としては、常任理事会・理事会・総会等の会議の運営、入会審査・大会運営・学会賞選考手続き・次期役員選挙などにかかる事務作業、会計業務、各種問い合わせへの対応などがあります。これらの業務の一部を(株)国際文献社に委託して業務を遂行しております。

 会員の皆様が気持ちよく活動できるように、滞りなく業務を遂行していくことを心がけていきたいと思います。ご意見等ございましたら、上記アドレスまでご連絡下さいますようお願いいたします。

■倫理会則委員会
担当常任理事|赤津 玲子(龍谷大学)

 倫理会則委員会は、学会の会則や倫理綱領・倫理規程の整備を担当しております。

 近年、研究や臨床活動における倫理が社会的に注目されており、インターネット環境の日常化による影響は少なくないようです。そのため、委員会では、ブリーフサイコセラピーの発展や社会の変遷などを考慮しながら、必要に応じて会則や倫理綱領・倫理規程の改定に関する検討をいたします。

 本学会には、倫理綱領違反の申し立てに対応するために裁定審議会を運用するシステムがあります。裁定審議会は、学会員により構成され、理事会から独立して活動できる組織となっています。

 倫理会則委員会として、適切な倫理環境を維持できるよう整備することをめざしております。ご意見等ございましたら、ご連絡下さいますようお願いいたします。

■研修委員会
担当常任理事|木場 律志 (神戸松蔭女子学院大学)

 研修委員会は、以下の2つの役割を担っています。
1.       役に立つ研修の機会の提供
2.       研修の機会を提供することによるブリーフサイコセラピーの普及(非会員向け)

 これらの役割を果たすために、以下の4つの活動に取り組んでいます。
1.     年次大会におけるワークショップやシンポジウムの企画
2.     地方研修会の開催(年に1回)
3.       日本心理臨床学会における自主シンポジウムの企画
4.       ブリーフサイコセラピーセミナーの定期開催

 このような企画や研修会・セミナーの内容は、皆さまのニーズに応えると同時に、皆さまと共に作り上げていくものにしたいと考えています。

 より一層皆さまのお役に立てるような内容にしてまいりますので、上記の企画や研修会・セミナーに関するご要望がございましたら、ぜひ研修委員会までお知らせください。

■広報委員会
担当常任理事|田中究(関内カウンセリングオフィス)

 広報委員会は「ニューズレター」の編集、発行を担当します。大会や研修会の案内や報告、各委員会の活動報告だけでなく、ブリーフサイコセラピーに関する特集記事など、ニューズレターならではのコンテンツをお届けします。また、これまで発行されたすべてのニューズレターは本学会ホームページ内のライブラリーに所蔵されており、その管理をいたします。

 ニューズレターの頒布、ライブラリーの閲覧は会員限定のサービスとなっており広くご覧いただけないのが残念ですが、その分、学会誌のようなアカデミックな内容とはまた異なる切り口から、興味深く、関心をお持ちいただける内容を盛り込んで参りたいと思っております。

 その他、学会員に対する一斉送信メールの管理も担当しております。

■編集委員会
担当常任理事|花屋 道子(東北文教大学)

 編集委員会の役割は、学会誌「ブリーフサイコセラピー研究」の編集・発行です。「ブリーフサイコセラピー研究」は、1992年の創刊から、2020年3月31日時点で通算28巻発刊されています。

 本学会は、個別の治療的アプローチの枠組みを越え、効率的かつ効果的な援助方法の発展に寄与することを目指しています。その目的に貢献するため、学派を越えた多様な論文が発表される学術誌であり続けたいと願っております。学術的・実践的に質の高い論文を掲載し続けていけるよう、編集委員一同努力してまいります。

 ご投稿いただきました論文は、丁寧に審査いたします。学会員の皆様の本誌へのご投稿を心よりお待ちいたしております。

■WEB委員会
担当常任理事|盛林 直道(群馬県立精神医療センター)

 第6期理事会より、広報委員会からWEB部門 が独立して、WEB委員会となりました。

 WEB委員会は、サーバー関連の作業を担当しており、ドメインの維持をはじめ、学会ホームページの維持、管理、各委員会のメールアドレス、メーリングリストの設置、管理等を通して学会運営をサポートしています。

 わかりやすくてスピーディーな情報発信を心がけてまいりますので、ホームページやメール関連で気になる点などありましたらWEB委員会まで連絡下さいますようお願いいたします。

■学術渉外委員会
担当常任理事|松浦 真澄(東京理科大学/(医社)こころとからだの元氣プラザ)

 学術渉外委員会の役割は、対外的な会議/組織と日本ブリーフサイコセラピー学会の関係を調整し、学会員向けには、学会賞・研究奨励賞に関連する業務に関わると共に、学術に関係する情報収集と発信をすることです。

 近年では、公認心理師に関連する活動が大きなトピックとなっています。ブリーフサイコセラピー学会は、臨床心理職国家資格推進連絡協議会(推進連)や日本心理学諸学会連合(諸学会連合)などの団体に所属しつつ、今後も意見表明や動向の把握を進めていくこととなります。

 上記以外にも、学術渉外委員会として日本ブリーフサイコセラピー学会の充実を図っていきたいと考えております。お気づきの点やご要望等ございましたら、学術委員会までご一報ください。

* 第8期までの数期間は「学術委員会」の名称でしたが、他団体との交流が多く見込まれる今期の活動にあわせ、「学術渉外委員会」との名称で活動をいたします。


top▲