ブリーフサイコセラピー関連研修会のご案内

2018.12.14 ブリーフサイコセラピーセミナーの詳細はこちらをご覧ください。
2017.12.12 関連研修会ページを立ち上げました。
2017.12.12 掲載基準・掲載申し込み要項を公開しました。

ブリーフサイコセラピー関連研修会・研究会のご案内を掲載しています。
本ページへの掲載を希望する方は、こちらの案内をご確認の上Web委員会までお申し込みください。
なお当サイトはあくまで情報提供のみを目的としております。
お問い合わせは各団体にお願いいたします。

研修会 解決志向ブリーフセラピー講座ベーシックコース
研修場所 日本女子大学目白キャンパス
日時 2019年6月1日、6月29日、7月20日、9月14日、11月2日、11月30日(計6回)
いずれも13:30~17:00
参加費 一般35,000円、大学院生20,000円
参考URL:https://tokyosfbt.exblog.jp/
開催責任者名 青木みのり
運営団体名 東京ブリーフセラピー研究会
詳しい情報や参加お申し込みなどはホームページをご確認ください。

ブリーフセラピー基礎 - 解決志向アプローチ
日時:2019年9月14日(土)、10月12日(土)、11月9日(土)全3回 9:30-16:30
講師名:田中 ひな子(当学会会員)
開催責任者:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会神奈川支部
研修場所:日本産業カウンセラー協会神奈川支部
横浜市中区桜木町3-8横浜塩業ビル JR桜木町より徒歩4分
参加費:27000円 (産業カウンセラー協会員:21600円)
運営団体名:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会神奈川支部
URL:http://www.kanagawa-c.jp/publics/index/103/#page103_1819_2940

システムズアプローチ研修会
研修場所:神奈川県横浜市内の施設を予定
日時:2019年9月29日(日)、10月27日(日)、11月23日(土・祝)、12月22日(日)、2020年1月19日(日)、2月24日(月・祝)、3月22日(日)、4月19日(日)10時〜16時30分
参加費:85,000円(全8回)
運営団体名:関内カウンセリングオフィス
開催責任者名:田中究、安江高子
詳しい情報や参加お申し込みなどはホームページをご確認下さい。

家族療法基礎ワークショップ・公開スーパーヴィジョン
日時:2019年12月7・8日
研修場所:東京都立川市 RISURUホール
参加費: 1日のみ参加:10,000円(学生:8,000円)、2日間参加:15,000円(学生:12,000円)
運営団体名:やまき心理臨床オフィス
開催責任者名:久持修
参考URL:https://www.yamakioffice.com/workshop_2019-12.html

◆ブリーフセラピー2日間集中トレーニング
研修場所:岡山国際交流センター 地下1階 レセプションホール
日時:12月7日(土)13:00~16:00    12月8日(日)10:00~16:00
講師名:(1日目)谷英俊、寺田和永  (2日目)津川秀夫
参加費:(一般) 2日間10,000円 12/7(土)のみ4,000円 12/8(日)のみ7,000円
(院生) 2日間  7,000円 12/7(土)のみ3,000円 12/8(日)のみ5,000円
※社会人院生には一般料金を頂いております。
運営団体名:岡山EAPセンター
開催責任者名:筒井道子
連絡先:tsutsui@okayama-eap.com
詳しい情報が知りたい方は、連絡先のメールアドレスにご連絡ください。

はじめてのナラティヴ・セラピー ~明日からの臨床実践が変わる~
日時:2020年2月16日(日)10:00~16:00
講師名:木場 律志(神戸松蔭女子学院大学 人間科学部心理学科)
開催責任者名:久持 修
研修場所:立川ホール(JR立川駅徒歩3分)
参加費:一般 12,000円 / 学生 10,000円
URL :https://www.yamakioffice.com/workshop_narrative2020.html

家族療法超入門
日時:2020年2月16日(日) 10時から16時
講師名:相模健人 (愛媛大学教育学部)
開催責任者名:office de*Sign 代表 中嶋美知
研修場所:愛媛県県民文化会館別館第12会議室 (松山市道後町2丁目9-14)
参加費 (~2月8日)8,500円(税込)当日9,500円(税込)
URL:https://peraichi.com/landing_pages/view/kazokuryouhou

ブリーフセラピー ステップアップ
日時:2020年2月1日(土)、2月22日(土)、3月14日(土)全3回 9:30-16:30
講師:田中 ひな子(当学会会員)
開催責任者:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会神奈川支部
研修場所:日本産業カウンセラー協会神奈川支部研修室 JR桜木町より徒歩4分
横浜市中区桜木町3-8横浜塩業ビル
参加費:27500円 (産業カウンセラー協会員:22000円)
運営団体名:一般社団法人 日本産業カウンセラー協会神奈川支部
URL:http://www.kanagawa-c.jp/publics/index/103/#page103_1819_2940

解決志向ブリーフセラピー超入門
日時:2020年3月15日(日) 10時から16時
講師名:相模健人 (愛媛大学教育学部)
研修場所:愛媛県総合社会福祉会館視聴覚室 (松山市持田町三丁目8番15号)
参加費 6,300円 申込期限 3月8日(当日7,300円) ※再受講3,150円
開催責任者名:office de*Sign 代表 中嶋美知
URL: https://peraichi.com/landing_pages/view/kaiketsu

2019年度末春期研修
日時 :3月20日(金/祭日) 解決志向ブリーフセラピー初級(講義と質問)
3月21・22日(土・日) 解決志向ブリーフセラピー実践:ワーク&デモ
各日 10:00~16:30
講師名:黒沢幸子
研修場所:中野サンプラザ 研修室2 東京都中野区中野4-1-1 TEL:03-3388-1174
参加費:初級(1日)¥14,000  実践(2日)¥33,000
運営団体名:KIDSカウンセリング・システム
URL: http://www.kids-cs.jp/training_guide/index.html

システムズアプローチ・ステップアップ研修会
研修場所:神奈川県横浜市内の施設を予定
日時:2019年5月12日(日)、7月21日(日)、9月8日(日)、12月8日(日)、2020年1月26日(日)、3月15日(日)10時〜16時
参加費:8,000円(各回)
運営団体名:関内カウンセリングオフィス
開催責任者名:田中究、安江高子
詳しい情報や参加お申し込みなどはホームページをご確認下さい。

システムズアプローチ基礎コース
研修場所:タワーホル船堀
日時等:
第 1回 2019 年 5月 19 日(日) システムズアプローチとは?
第 2回 2019 年 7月 14 日 (日) 相互作用という考え方
第 3回 2019 年 9月 29 日(日) 枠組みと枠組みづけ
第 4回 2019 年 11 月 17 日(日) システムというものの見方
第 5回 2020 年 1月 19 日(日) システムズアプローチにおけるセラピー①
第 6回 2020 年 2月 16 日(日) システムズアプローチにおけるセラピー②
いずれも10:00~16:00(昼休憩一時間含む)
参加費:30,000円(全6回) 各回単回での参加も可能。詳細はホームページを参照ください。
運営団体名:心理技術研究会
開催責任者名:辻本聡
詳しい情報や参加お申し込みなどはホームページをご確認下さい。

研究会 ◆奈良解決志向アプローチ研究会
開催責任者名 三木潤子(臨床心理士)
開催日時 毎月第3木曜日 午後6時30分午後8時30分
連絡先 主催者のホームページ 奈良こころの相談室
参加費 年会費3000円

神戸松蔭システムズアプローチ研究会
責任者名:坂本真佐哉(世話人)、木場律志(世話人)
研究会の内容:主に事例検討やロールプレイなどの演習を通して、システムズアプローチ(システム論的心理療法/家族療法)、ブリーフセラピー、ナラティヴ・セラピーなどをキーワードとする効果的な対人援助の実践について学ぶ
開催日程:2019年度は、5/13、7/8、9/9、11/11、2020年1/20、3/9(奇数月に1回、月曜18:30~20:30で開催)
参加費:100円(資料コピー代)
URL:http://ksw.shoin.ac.jp/care/page3-2.html

神戸ブリーフサイコセラピー研究会
責任者名:坂本真佐哉(世話人代表)、木場律志(世話人代表)、喜多徹人(事務局・世話人)
研究会の内容:学校関係者を中心とした援助職の方が、ブリーフサイコセラピーの考え方を学ぶ
開催日程:2019年度は、5/11(月)、6/14(金)、7/20(土)、8/26(月)、10/11(金)、10/19(土)、11/2(土)、12/17(火)、2020年1/11(土)、2/8(土)(平日開催時は事例検討、土曜日開催時はワークショップを開催。時間帯は下記URLを参照)
参加費:事例検討は300円、ワークショップは1000円(※日本ブリーフサイコセラピー学会会員はいずれも無料)
URL:https://www.kobeseminar.ac.jp/kyouin/brief


top▲